もともとはアメリカのセールスイベントである「ブラックフライデー」。最近は日本でもちらちらと見かけますね。あらゆる小売店が黒字になることからブラックフライデーと名付けられたそうです。

北欧の地ノルウェーでもブラックフライデーは開催されます!ノルウェーでは「ブラックウィーク」と称してブラックフライデーを含む一週間、月曜日から日曜日までがセール期間になっていました。週末にかけて、どのお店にもお客さんがたくさん駆けつけていましたよ。

ノルウェー, オスロのブラックフライデー事情

ブラックフライデーのときのオスロの町並み

オスロセントラル付近のいろんなお店を回って価格調査をしましたが、大体どのお店でも20%から30%くらいの値引率で、目玉のものや去年の商品などは50%を超えるところもちらほら。大きな量販店のほうが大きく値引いている傾向はありました。

この時期ノルウェーでは一気に日が短くなり、街もクリスマスに向けてツリーやイルミネーションを点け始めるので冬の始まりを実感します。イルミネーションがきれいに輝いている中、みんな冬に向けて買い物をしていました。

ところで、オスロで見つけたブラックフライデーの広告はほとんどが黒と黄色でした。なんで黒と黄色なんだろう?

黒はもちろん「ブラックフライデー」だからだろうけど、黄色はどこから来たんだろう。クリスマスが赤と緑だからそれと被らないようにくらいしか思いつかない・・・調べる興味があったらまた記事にします。

僕がオスロのブラックフライデーで買ったもの

SORELのスノーブーツ「カリブー」

カリブー

SORELのスノーブーツ「カリブー」を購入。通常1399NOKが50%オフの699NOK( = 約9300円)!勢いで買ってしまいました。

カリブーについては別の記事「ブラックフライデーで買ったSORELのスノーブーツ「カリブー」が調子いい」でくわしく書いているのでぜひこちらもご覧ください。

SWIXのホットワックス用アイロン

スウィックスのホットワックス用アイロン

あとはスノーボード用のホットワックスアイロンも購入しました。

もちろんアイロンはもともと持っており、先シーズンは毎回滑るためにホットワックスをかけていました。しかし、意外とかさばる(+重い)、日本のものではコンセントの形が合わない、電圧も日本とは違うなどの理由から日本からは持ってこないでこちらで買うことに。

ホットワックス用アイロンをのコンセント

ノルウェーのコンセントはこんな感じに2つの丸い穴。

価格は300NOK。実は100NOKくらいのアイロンがあったのですが僕がお店に行った時には売り切れてしまっていて、泣く泣くこちらを購入。それでも全然安いのでオッケーです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です