ノルウェー生活もはや3ヶ月と少し。スノーボード漬けの生活をおくれて幸せな毎日です。
現在は運悪く足を怪我してしまい休養中ですが、あと少しで復活できる予感。早く本気で滑りたい気持ちが募りまくってます。

そんな僕がいつも滑っているノルウェーのオスロにあるスキー場、オスロウィンターパーク(Oslo Vinter Park 通称:Tryvann)ではちょこちょこプロスノーボーダーも滑っているんです。有名なブランドからインターナショナルライダーとしてサポートされている超人たちも見かけますね。

遊び方とか基礎的な動きとかすらまじで同じ人間とは思えないくらい上手くてあそこまで行けばもっとスノーボード楽しくなるなーとか思ったりして滑っていますが、今日の話題は彼らの活動に関わるちょっと真面目なお話。

ノルウェー人スノーボーダーのプロ意識を見た

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BRAGE RICHENBERG (@bragerichenberg) on

 

View this post on Instagram

 

A post shared by BRAGE RICHENBERG (@bragerichenberg) on

この2つの動画は、僕も大好きなノルウェー人スノーボーダー、ブラーゲ・リッケンバーグのインスタグラムでの投稿。

2つの映像の中ではそれぞれブラーゲの着用しているウェアが違うのですが、これらは同じ日に撮影されているんです。僕が目の前で撮影現場を見ていたから間違いない。
ブラーゲは1つ目の映像に十分な撮れ高ができたら、わざわざ着替えて2つ目の映像のための撮影を行ったということです。

プロスノーボーダーとしての活動

ブラーゲはほんとうの意味でのプロスノーボーダー。板、ウェア、ゴーグルその他諸々全身のアイテムでサポートされているし、板は本人のシグネイチャーボード。スノーボードやスケートボード界隈に関して「どこからがプロなのか?」という論争はありますが、全身サポートされていて、シグネイチャーモデルのボードまで持っているブラーゲは間違いなく’プロ’スノーボーダーでしょう。

プロスノーボーダーは企業やブランドに活動をサポートされていて、スポンサーのために商品のPR活動も行わないといけません。

多くのスノーボーダーはスポンサーされた商品を身に着けたり、板にスポンサーのステッカーを貼り付けたりした状態で映像を残し、みんなに見てもらうことで商品のPRを行います。スノーボード業界では今で言うインフルエンサーマーケティングみたいなのをずっと昔からやっているんです。

だから、今回ブラーゲはその商品のPRをするためにわざわざ着替えて動画2つ分の撮影を行ったということ。ちなみに映像はブラーゲのインスタ広告にも使われていました。

撮影方法がスゴイ!

この2つの動画のフィルマーはLeo Cittadella。彼はスノーボードの神様と呼ばれるテリエ・ハーコンセンの動画を作成していたり、どうやらノルウェー人スノーボーダーとの親交も深いフィルムメイカー。

彼の映像は高い撮影技術に独特な色味やトランジションなどが合わさって特徴のある作品が多い。スタイル出てます。

インスタでの映像の中は彼が滑っている様子も撮影されていますが、何がスゴイって彼は「スノースケート」ですべての撮影を行っていることです。

 

View this post on Instagram

 

A post shared by Hovland Snowskates (@hovlandsnowskates) on

これがスノースケート。短いスキー板の上にスケートボードのデッキを取り付けたみたいな感じですね。コケたときにすっ飛んでいくからリーシュコード(流れ止め)が付いているのも特徴です。やったことある友達いわく、「スノーボードよりももっとサーフィンみたいな感覚」らしい。

インスタの映像を見て分かる通りLeoはこれでブラーゲのキッカーの追い撮りとかをしちゃうんです。
キッカーをスノースケートで追い撮りって・・・ヤバ・・・
という感じ。

普通に塩ビをスノースケートでヒットしている映像もありますね。すごい。

ちなみにスノースケートはノルウェーでやってる人ぼちぼち見かけます。一日のゲレンデに最低一人はいる感じです。ネットを軽く調べたら北欧から流行り始めたみたいですね。
日本でもたまーに乗っている人を見かけます。僕も来年あたりチャレンジしてみたいですね。

さらにちなみにスノーボードの神様テリエ・ハーコンセンは最近はもっぱらスノースケートばっかりやってるらしいです。しかもこれがめっちゃうまい。
(インスタ動画)
これがテリエがスノースケートをしている動画です。さすがに上手いですね。

これも同じくLeoの撮影編集。彼の映像は本当に面白い。彼に撮ってもらえるとなればわざわざ着替えを用意して一日で2本分の撮影を行ったブラーゲの気持ちもわかります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です