トランポリンでバックフリップを習得して「雪山で試すぞー!」といきごんで向かったOslo Vinterparkですが、まさかの本日パークがクローズ。

「土日は営業時間みじかいし、家族ばかりだからパーク閉めてもそんな文句言われないっしょー」みたいな考えが見えかくれします…

やられたぜ・・・

今シーズンまだ全然雪降っていないせいだ

デコくんが通っていたシーズンはパークがクローズしたことなんてないらしい。どうしても納得出来ないのでどうにかこねくり回して理由を考えてみる。

18-19シーズンは12月17日にWyllerゲレンデ(一番大きいコース)をオープンすることが一番の理由だと推測。

まず今年は思ったより雪が降っていない。だからシーズンインして一ヶ月後にオープンするメインコースでは人工雪を作りまくってゲレンデを整備する。でも、先にオープンしていたコースには雪が足りない。なぜならメインコースをオープンする間にもっと雪が降ると予想していたから。

通常ならオープン期間中に雪がどんどん降るから、毎日少しずつゲレンデにある雪の量は増えていくし、それにともなってキッカーをサイズアップしたり、新たなアイテムを設置することができる。

天然雪ならコース全体に雪が積もるからほとんど圧雪するだけで済む。これならそれほど時間はかからない。多分こうなることを予想していたんだと思う。

ところがどっこい雪ふらねえ!人工雪作るしかない!でも、人工雪で雪をつけるとなると天然雪のようにうまくいかない。もっと手間がかかる。一度スノーマシンで雪山をつくって、それを崩してコース全体にならして、その上から圧雪しないといけない。

すでにオープンしているから営業時間に整備はできないし、平日は22時まで開いているからその後に作業をする時間もとれない。だから家族連れが多くてパーク利用者が少ないし、営業時間も短い土日にパークをクローズした、というのが答えだと思う。

入場禁止の柵をくぐり抜けてクローズされているパークを滑ってみたらやっぱり人工雪の山がいくつもできていました。写真は次の日(次の日もパークはクローズでした)にも雪をゴンゴン作っている写真。キッカー埋もれちゃってますけど・・・。

とりあえずなんとか理由をこじつけてみたけど、別に納得いってるわけじゃない。笑

いちおうお情けみたいなBOXもあったけど、多分これ客が勝手に当てれるように動かしたやつだし全然つまらないよ!!

それでも滑るよ!スイッチで!

パークがやっていない。もちろんパウダーもない。さらに言うなら斜度も距離も足りない。それでも滑りたいお年頃。

そんなときはあえてスイッチでフリーラン!個人的にスイッチでフリーランすることは割と重要なことだと思う。

まずフリースタイルスノーボードにおいて、トリックをしたあとランディングがスイッチという状況は多い。スイッチでランディングできませんなんて人はできるトリックの幅がガクッと狭まってしまう。ランディングだけでもスイッチで滑ればいろいろなトリックが楽になる。

さらに、スイッチでトリックをかけることができればもっと滑りの幅が広がる。単純な話、もしスイッチでメインと同じくらい滑ることができれば技の数は2倍になる。これは極論だけど、普通にトリックの数3割増しくらいにはなると思う。

あと、スイッチで滑れたらなんかかっこよくない?という個人的な感想。僕はグーフィーだから余計にスイッチスタンスで滑れば「あれ?今の技スイッチ!?」みたいに思わせることができる。

そこらへんを踏まえて、「スイッチはあくまでスイッチスタンスなんだからメインスタンスより滑れなくて当然。それでも最低限滑れればもっとスノーボードを楽しめる。」というのが僕の持論。

そんなわけでスイッチで滑ります。

スイッチで滑るときこそ基本を意識

普段と違うスタンスで滑るからこそ、基本を強烈に意識しないと上手く滑れない。フリーランでちゃんとカービングできてないってことは板に乗れていないってことだし、板に乗れていないってことは基本ができていない。

僕がスイッチで滑るときに意識するのはこの3点

  • 体の向きと板が平行(後ろの手が前に出てこない)
  • 進みたい方向に先に目線を送る
  • 前足でトーションを使って板を操作する

ここらへんの基本姿勢についてはデコくんが記事を書いてくれるはず。乞うご期待。

スノーボードはバランスがとにかく大事。基本ができていないと無意識のうちにバランスが崩れてしまう。メインスタンスならいまさら気にしなくても滑れるけど、スイッチではそうはいかない。

スイッチで基本を意識しなおせば、メインスタンスの滑りが良くなる。気がする。

そんなわけで、ゲレンデについてパークがやっていなかったり一部コースがクローズしていてがっかりしたときはスイッチスタンスで滑ってみることがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です